取引先や上司、友達の年賀状を断った話

スポンサーリンク
ビックバナー広告

 

このブログは今、何位でしょう??

 

人気なさすぎて笑えます(・∀・)
↓↓応援クリックを頂けると嬉しいです↓↓

 

取引先からこんな連絡が来ました。

『年賀状を出したいので住所を教えてください』

秒で断りました。

今までに友達や職場の人など

何度も断ってきましたが

会社を相手に年賀状を断るのは

今回が初めてでしたので記事にします。

アフィリエイトやってると

こんなこともあるんですね。

賛否両論あると思いますが

僕は嫌なものははっきりと

断るべきだと思っています。

だって、年賀状がなければ

切れちゃうような信頼関係って

どうなのって思うからです。

何より自分の思ってることを

正直に話せない関係の方が

上っ面でいつ崩壊しても

おかしくないですよね。

後半に例文もあるので

よかったら目次からどうぞ。

そもそも年賀状とは

昔の人達はまだ現代のように

行動範囲が広くなかったので

新年の挨拶でそれぞれの家に出向いて

お祝いの挨拶をしていたそうです。

それが時代とともに便利なものができて

遠方の人との交流が増えましたよね。

そうなるともう会いに

行ってられないわけですよ。

そこでできたのが年賀状。

今ではメールですませる人も

たくさんいると思いますけど

テンプレートのようなものを送って

それにテンプレートで相手も返してって

意味あるんですかね?

僕には理解できません。

年賀状は断れるって知らないの?

どうやって断ってきたか

いくつか自分が経験したことのみ

お話ししていきます。

1.友達との年賀状を辞めた方法

めちゃくちゃシンプルです。

返信するのを辞めました。

3年も続ければほぼこれだけで

年賀状が送られてこなくなります。

人間関係を心配される方もいますよね。

大丈夫です。

全く変わりなくお付き合いできてます。

SNSを普段から使ってる人は

本当に年賀状辞めた方がいいと思いますよ。

だって、結婚されてる方なら

子供の写真とか旅行へ行った写真とか

貼り付けて、今年も宜しく!!って

コメントもそんな程度ですよね?

SNSで繋がっていれば

いや、これ知ってるし

さっきフェイスブックで

おめでとうって言ったじゃんと

思うわけですよ。

2.先輩、上司との年賀状を辞めた方法

友達と同じ様には断れないですよね。

別にできる人はそれでいいと思いますが

それはさすがに…ねぇ?

僕は普段会ってる時から

年賀状辞めるんでと伝えたり

きてしまったものは

しょうがないので返信しました。

ただし、その返信の際に

来年から年賀状辞めますと伝えるのです。

そうすればもし間違えて翌年にきたとしても

それはもう返さなくていいと思います。

3.取引先との年賀状を辞めた方法(例文あり)

これはちょうど今、書いたところなので

そのまま紹介しますね。

 株式会社〇〇 〇〇様

お世話になっております。
誠に勝手ではございますが、数年前からどなた様へも年賀状によるご挨拶を控えさせて頂いております。
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げますと共に、皆様のご健勝と多幸を心よりお祈り致します。
残りわずかですが、今年も最後まで宜しくお願いします。

こんな感じ。

(・∀・)ドヤッ

調べながら書いたのですが

どこから引っ張ってきたか

わからなくなってしまいました。

(笑)

あーこれ見たことあるってわかる人いたら

どこからでもいいのでこっそり

教えてもらえたら助かります。

これを手書きで送るのが

一番いいことだと思いますが

僕はメールで済ませました。

ポイントは

どなた様にもってとこですかね。

色んな例文があると思いますが

それらを見ていて

僕がシンプルでいいなと思ったのが

先ほど書いた文章です。

よかったら参考にしてください。

終わり。

明日は東京で忘年会です。

いっぱい飲むぞぉー!!

♪(〃゚ー゚)ノ□☆□ヽ(゚ー゚*) カンパーイ♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする